行政書士保田圭祐事務所

これまでに東京都内で担当した酒類販売業免許の取得案件について詳しく解説

お問い合わせはこちら

ブログ

具体的な案件を通してサービスの内容を分かりやすい説明

その他

お酒の販売を事業として行うためには、酒類販売業免許が必要となります。この酒類販売業免許を取得するためには、酒類販売業免許申請書を作成しなければなりませんが、ご自身で初めて作成する場合には、…

お酒の販売業免許の申請の際には、酒類販売業免許申請書だけでなく、多くの添付書類が必要となります。この添付書類について、事前にしっかりと理解をしておくことで、書類準備にかかる時間を少しでも短…

会社で酒類販売業免許の取得を申請する場合には、定款の写しを提出する必要があります。定款には事業目的を定める必要があり、酒販免許の審査においては、この事業目的が審査項目となっています。そこで…

お酒の免許を取得すると、1年に一度、「酒類の販売数量等報告書」の提出が必要となります。この報告書の提出を怠たると、税務署から指導を受けることがありますので、提出を忘れないように注意が必要で…

酒税法におけるお酒の品目の定義は、世間一般で使用されている用語と必ずしも一致しません。例えば、第三のビールは、製造手法等によって、酒税法上のビールではなくリキュールに該当するケースがありま…

酒類販売業が拡大し、取引量が多くなってくるにつれて、お酒の在庫も増えてきます。 そうした場合において、「お酒の在庫を店舗以外の場所で保管することは可能なのか」、質問を受けることがよくあります…

お酒の小売業者は「酒類販売管理者」を選任して、3年を超えない期間ごとに「酒類販売管理研修」を受講させる義務がることを前回の記事で解説しましたが、今回は酒類販売管理研修について、申込先、受講費…

<酒類販売管理者とは>お酒の小売業者は「酒類販売管理者」を選任し、その旨を税務署に届出する必要があります。この「酒類販売管理者」とは、お酒を小売りする販売場において、酒類の適正な販売管理の…

お酒の免許は、「人的要件」「経営基礎要件」「場所的要件」等の要件を満たしたものに付与されています。そのため、この免許は付与された免許事業者についてのみ効力を有するものであり、原則として営業…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。